加齢に

加齢による薄毛について

年を重ねると、だんだん髪の毛が細くなり、コシがなくなってしまいます。

年齢とともに髪の毛が薄くなってしまうのは老化現象です。

年齢により薄毛になってしまう原因

  • 女性ホルモンの減少
  • 皮脂やコラーゲンの分泌量の減少
  • 毛根に充分な栄養が行きわたらなくなってしまう
  • ストレス

 

女性ホルモンの減少と薄毛の関係

女性ホルモンのエストロゲンは、皮膚の水分量を増やし弾力性のある皮膚に保ち、
肌や頭皮のコラーゲンを増やしてくれる働きがあります。

しかし、女性ホルモンの分泌量は、年齢とともに減少していきます。

一般的に40歳を境にガクッっと減り始め、閉経を挟む10年間(更年期40代~50代)以降の老年期(60代~)には、10歳以下の小児期と同じくらいまで女性ホルモンの分泌量まで低下してしまいます。女性ホルモンの分泌が低下するとヘアサイクルが変化します。

そのため、長くて強い髪を育てる成長期が短くなり、抜け毛となって脱毛する休止期が長くなることで、髪の成長不足が発生します。

その結果、細くて短い毛にしか成長できずに、すぐに抜け落ちてしまうのです。

育毛剤のなかには、女性ホルモンに構造が似ている成分が入っている商品もあるので随時おすすめの商品などを紹介していきたいと思います。

ちなみに私が使っている育毛剤はマイナチュレという育毛剤です。

 

加齢による皮脂・コラーゲンの減少について

コラーゲンは頭皮の弾力とうるおいを保ってくれる大切な栄養素です。

しかし、皮膚のコラーゲン量は40歳を過ぎたころから急激に減り始めます。

これはコラーゲンの分解量が作りだされる量を上回るためと考えられています。

コラーゲンの減少により、新陳代謝も落ち、乾燥しやすくなったり髪が細くなったり、抜けやすくなったりするのです。

薄毛の予防には、コラーゲンが大切なんですね。

 

加齢により毛根に栄養が行きわたらなくなる理由

加齢とともに頭皮は固くなります。硬くなると、血行が悪くなり必要な栄養素が行き届かなくなるのです。

血行がよくなる成分が入った育毛剤をつけてマッサージをするのもいいでしょう。

 

ストレスと薄毛の関係

ストレスがかかると、自律神経やホルモンのバランスが崩れてしまいます。

そうすると、血管が収縮して血行を悪くします。

血行が悪くなると、毛根に栄養が行きわたらなくなるのです。

栄養が行きわたらないので、健康な髪の毛は育ちにくくなります。

そんな時に、頼りになるのが育毛剤です。血行をよくして毛根に栄養をあたえてくれます。

ストレスは、薄毛だけじゃなく体のいろいろな場所によくないので、発散できるといいで薄毛も悩んでいるとストレスになってしまうこともあるので、育毛剤やサプリなどをりようしながら楽しく生活しましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中