薄毛を招いて薄毛を招いてしまう

薄毛を招いてしまう間違ったヘアケア

 

間違ったヘアケアや髪のお洒落を続けてしまうと、髪を傷めたり、頭皮にダメージを与えてしまい、薄毛の原因になることがあります。正しい方法を知って薄毛を予防しましょう

薄毛と髪の洗い方、シャンプーについて

髪の毛や頭皮を清潔に保つためになくてはならないのが髪を洗うことです。

しかし、それが原因で髪を傷つけたり頭皮にダメージを与えてしまい薄毛につながってしまうことがあるので、洗髪について説明していきます。

髪を洗うことで起こるデメリット

  • 洗いすぎると頭皮を守っている保湿成分が減少してしまう
  • 洗いすぎると天然のバリアーである角質成分までこそぎ落とす
  • 洗い過ぎるとニオイを増幅させてしまう
  • シャンプーをするとどうしてもキューティクルが痛んでしまう
  • 頭皮が弱くなり、髪の毛も衰えやすくなる

髪の毛にいい洗髪の頻度

特に、30代を過ぎるとうるおい成分の分泌が減ってしまいます。

うるおいを残すためにも2日に1回、優しく髪を洗ってあげるのがいいと思います。

健康な頭皮は青白色をしています。

もし赤くなっているようなら炎症を起こして負担がかかっているということになります。

その場合は、

  • 頭皮を痛めないために優しく洗う
  • 育毛剤などでケアすると回復を期待できます。

また、シャンプーが頭皮に合ってない可能性があるので、見直してみるのもいいでしょう。

抜け毛を気にして頭皮を洗わないというのも問題ですが、洗いすぎることも抜け毛や薄毛の原因につながってしまうこともあるので注意してください。

ちなみに、私が使っているシャンプーは、マイナチュレのシャンプーです。

シャンプーやコンディショナー、スタイリング剤などの成分が頭皮に付着したまま残ってしまうとかゆみや炎症の原因になってしまうので、丁寧に洗い流しましょう。

シャンプーの後は、育毛剤などでケアするといいですね。

シャンプーのパッケージに、「化粧品」や「医薬部外品」と書かれているのを目にしたことがあると思います。

シャンプーは、「薬事法」という法律でこの2種類に分類されています。

化粧品は、人の身体を清潔に保ち容姿を美しくするためのもの。

一方、医薬部外品は、医薬品より穏やかな薬効があるものとされています。

この他にも化粧品は全成分を表示する必要があり、医薬部外品には表示しなくてもよいといった違いがあります。

シャンプーの種類と特徴

アルコール系シャンプー

人によっては刺激が強すぎる場合があるので注意が必要です。

市販されているシャンプーのほとんどがこの高級アルコール系です。

石けん系シャンプー

石けん系シャンプーは、天然由来の物が多く、昔から長く使われてきた物なので、安全・自然志向の方から好まれています。

アルカリ性で洗浄力も強く、毛穴の汚れも落としてくれますが、正しく使わないと皮脂をとりすぎるという特性もあります。

アミノ酸系シャンプー

前述のシャンプーと比べて刺激が弱く、頭皮にも優しいです。

肌の弱い方、乾燥しやすい髪質や頭皮の方などにオススメで、洗浄力が強くないので、しっかりした洗い心地が好みの方には向かないかもしれません。

どのシャンプーがいいかは、皮脂が多いか、少ないか、頭皮が敏感かなどによっても変わってくるので自分にあった商品を探してみてくださいね

薄毛と紫外線の関係について

顔はしっかりUVケアをしているのに髪の毛や頭皮のUVケアはしていないという人も沢山いるのではないでしょうか?

そんなことを言っている私もやっていませんでした。

特に、分け目、前髪、つむじの辺りなどは紫外線があたりやすいので、影響が出やすいと言えるでしょう。

紫外線によってダメージをうけた後には、育毛剤を丁寧につけましょう。

髪の毛や頭皮には、顔の2~3倍の紫外線が当たっているといいます。

確かに、暑い日に頭をさわるとすごく熱くなっていますよね。

薄毛にならないために紫外線対策が必要な理由

  • 紫外線は切れ毛や枝毛の原因になります。
  • 頭皮の皮脂を酸化させるなど地肌に対しては細胞にダメージを与えてしまいます。
  • 髪をつくる毛母細胞の機能低下の原因になります。

ドラックストアーや通販などでは髪の毛専用の日焼け止めが売られています。

こちらのブログでもおすすめの商品などを随時紹介させていただきたいと思っています。
外出するときに髪の毛や頭皮を紫外線から守る帽子や日傘を使っていただくとダメージを減らせます。

こちらのブログでもおすすめの商品などを随時紹介させていただきたいと思っています。
軽い天然パーマの私が、頼りにしている縮毛矯正、かけるとサラサラ艶々で、雨に日も広がらないので年に1回かけています。

しかし、これが、一番髪の毛に悪いそうです。

縮毛矯正は、何度もかけすぎてしまうと薄毛につながるので、頻度を減らしたり、間隔を空けるなどしていきましょう。

縮毛矯正は欠かせないのでマイナチュレという育毛剤を使ってケアしています。

髪のブリーチや髪を染めることも縮毛矯正ほどではないですが、髪や地肌に悪い影響を与えます。

髪の毛を染めると頭皮がヒリヒリしたり、痛く感じることがありますよね?

それは、頭皮と髪の毛に刺激を与えているということです。

これらを繰り返すと髪の強度や弾力が低下して、髪の毛が痩せてしまう原因になります。

30代半ばぐらいからは白髪も髪の悩みとして出てくる頃だと思います。

染めないわけにもいかないと思うので、頻度を減らしたり、髪や地肌に負担がかかりずらい物を選ぶ、髪の毛に優しい天然成分が入った物も販売されているので試してみるのもいいかもしれません。

縮毛矯正や髪の毛を染めた後には、髪の毛のパックをしたり、髪にいい栄養素を取るなどして髪の毛をいたわってあげてくださいね

髪型を作るために逆毛を立てたり、スタイリング剤を大量に使うのも良くありません

頭皮や毛穴に負担をかけることになります。

できるだけ、頭皮にかからないようにしましょう。

薄毛の原因になっているかもしれないヘアアイロンとドライヤー

髪の毛は、あまりあつい熱が加わるとタンパク質が変性しはじめ、髪質が劣化してしまいます。

ヘアアイロンは髪に直接当てて使用するためダメージは避けられません。

ヘアアイロンから髪を守ってくれる商品が市販されているので使ってみるのもいいでしょう。

できるだけ短時間の使用を心掛けてください。

ドライヤーは髪と吹き出し口の距離を20㎝以上離して使用しましょう。
髪の乾き具合にあわせて冷風に切り替えるのもいい方法です。

濡れたままで髪を放置すると、雑菌が繁殖してしまいますし、濡れている状態はとても髪の毛が傷つきやすいので必ず乾かしてください

ポニーテールやエクステンションなどについて

髪を縛ったり、強く引っ張る髪型は、毛穴に過剰な負担をかけるので血行が悪くなったり、毛根のダメージになるので牽引性脱毛症の原因になってしまうことがあります。

できれば髪の分け目は毎日変えるなどして、いつも同じ毛穴に負担がかからないように工夫するなど工夫をしてみましょう。

強すぎる頭皮マッサージ

頭皮の血行を良くする意味でも頭皮マッサージは効果的ですが、必要以上に強くマッサージをするのは逆効果になってしまいます。

イタ気もちいい程度にとどめておきましょう

薄毛と喫煙の関係

たばこには、ニコチンという成分が含まれています。

ニコチンには、血管を収縮させる作用があり血管が収縮すると、血行が悪くなって髪の毛に栄養が行きわたらなくなります。

そうなることで、髪の毛がよく育たず薄毛の原因になってしまうのです。

薄毛にいい食べ物

  1. 納豆
  2. 牡蠣
  3. レバー
  4. 高野豆腐
  5. 焼きのり
  6. 柑橘類
  7. 野菜
  8. いわし
  9. ナッツ類
  10. 乳製品

髪そのものとなる栄養素を含んでいるということと、髪が抜けにくい頭皮の環境を作ってくれる栄養素が含まれているということです。

広告
加齢に

加齢による薄毛について

年を重ねると、だんだん髪の毛が細くなり、コシがなくなってしまいます。

年齢とともに髪の毛が薄くなってしまうのは老化現象です。

年齢により薄毛になってしまう原因

  • 女性ホルモンの減少
  • 皮脂やコラーゲンの分泌量の減少
  • 毛根に充分な栄養が行きわたらなくなってしまう
  • ストレス

 

女性ホルモンの減少と薄毛の関係

女性ホルモンのエストロゲンは、皮膚の水分量を増やし弾力性のある皮膚に保ち、
肌や頭皮のコラーゲンを増やしてくれる働きがあります。

しかし、女性ホルモンの分泌量は、年齢とともに減少していきます。

一般的に40歳を境にガクッっと減り始め、閉経を挟む10年間(更年期40代~50代)以降の老年期(60代~)には、10歳以下の小児期と同じくらいまで女性ホルモンの分泌量まで低下してしまいます。女性ホルモンの分泌が低下するとヘアサイクルが変化します。

そのため、長くて強い髪を育てる成長期が短くなり、抜け毛となって脱毛する休止期が長くなることで、髪の成長不足が発生します。

その結果、細くて短い毛にしか成長できずに、すぐに抜け落ちてしまうのです。

育毛剤のなかには、女性ホルモンに構造が似ている成分が入っている商品もあるので随時おすすめの商品などを紹介していきたいと思います。

ちなみに私が使っている育毛剤はマイナチュレという育毛剤です。

 

加齢による皮脂・コラーゲンの減少について

コラーゲンは頭皮の弾力とうるおいを保ってくれる大切な栄養素です。

しかし、皮膚のコラーゲン量は40歳を過ぎたころから急激に減り始めます。

これはコラーゲンの分解量が作りだされる量を上回るためと考えられています。

コラーゲンの減少により、新陳代謝も落ち、乾燥しやすくなったり髪が細くなったり、抜けやすくなったりするのです。

薄毛の予防には、コラーゲンが大切なんですね。

 

加齢により毛根に栄養が行きわたらなくなる理由

加齢とともに頭皮は固くなります。硬くなると、血行が悪くなり必要な栄養素が行き届かなくなるのです。

血行がよくなる成分が入った育毛剤をつけてマッサージをするのもいいでしょう。

 

ストレスと薄毛の関係

ストレスがかかると、自律神経やホルモンのバランスが崩れてしまいます。

そうすると、血管が収縮して血行を悪くします。

血行が悪くなると、毛根に栄養が行きわたらなくなるのです。

栄養が行きわたらないので、健康な髪の毛は育ちにくくなります。

そんな時に、頼りになるのが育毛剤です。血行をよくして毛根に栄養をあたえてくれます。

ストレスは、薄毛だけじゃなく体のいろいろな場所によくないので、発散できるといいで薄毛も悩んでいるとストレスになってしまうこともあるので、育毛剤やサプリなどをりようしながら楽しく生活しましょう。

頭皮の血行不良

頭皮の血行不良

スマホやパソコンを見ている時や作業をしてる時って同じ姿勢で何時間もいることがありますよね。

終わった後肩が凝ったり、目がかすんだり、涙が出てきたりしませんか?

私は、全部当てはまってしまいました。

頭皮の血管、特に生え際や分け目につながっている血管は目の周りを通っています。

スマホやパソコンを長時間みるなどして、目の周りの筋肉が凝り固まってしまうと、生え際や分け目の頭皮の血行が血行不良になってしまうのです。

血行が悪くなってしまうと、頭皮に必要な栄養を与えることができなくなってしまいます。

さらに、頭皮が硬くなってしまうので髪の毛が生えにくくなってしまうんです。

マイナチュレという育毛剤の中には皮膚を柔らかくして栄養を吸収しやすくしてくれる成分が配合されています。

薄毛にならないために眼精疲労の予防法と解消法

いくらパソコンやスマホの長時間しようがいけないと言われてもやめられないので、眼精疲労の予防法と解消法のアイデアを紹介します。

パソコンを使う時には、画面の明るさに注意してください。

明るすぎても暗すぎても見えずらくなってしまい目を酷使することになってしまいます。

目の負担になりにくい明るさに調整してみてください。

作業中にときどき目のエクササイズをしよう

近いもの15秒と遠いものを15秒交互にみる目のエクササイズをしてみてください。

目の周りの筋肉がストレッチされて目がスッキリします。

姿勢を正しくしましょう

何か作業をしている時、猫背になってしまいませんか?

そもそも、猫背になってしまう原因は筋力不足だそうです。

猫背で長時間同じ体勢をとり続けてしまうと、血行不良が増してしまうので、姿勢を伸ばして作業をするように心がけましょう。

作業の間やおわったあとには、ストレッチをするなどして固まってしまった筋肉を伸ばしてあげてください

作業が終わった後や間に目を温めるのもとても効果があります。

目を温める商品がたくさん市販されています。

目の疲労予防やリフレッシュやストレス発散にもいいので試してみるのもいいでしょう。

自宅で簡単にできる蒸しタオルのやり方も載せておきます。

  1. タオルを水で濡らしてレンジの600Wで1分チンをしたら完成
  2. 目にタオルをあててリラックスするだけです。

電子レンジによって温まり方が違うので、調整しながら温めてください。

やけどには注意してください。

熱すぎた場合は少しさめてから使用しましょう。

女性の薄毛にはマイナチュレ育毛剤

女性の薄毛にはマイナチュレ育毛剤

こんにちは、まいと申します。

私の悩みは、ズバリ薄毛と白髪です。

とくに気になるのが、前髪とおでこの生え際とつむじ分け目のあたり、白髪が集中しやすい場所でもあるからよけいに薄い印象になっちゃうんですよね

 

薄毛のことなんて家族にも、友達にも相談しにくいし、病院に行く勇気も心構えもまだないので薄毛について調べてみることにしました。

 

無添加で安心な育毛剤を求めて

無添加で安心な育毛剤をもとめて

こんにちは、まいと申します。

私の悩みは、ズバリ薄毛と白髪です。

とくに気になるのが、前髪とおでこの生え際とつむじ分け目のあたり、白髪が集中しやすい場所でもあるからよけいに薄い印象になっちゃうんですよね

 

薄毛のことなんて家族にも、友達にも相談しにくいし、病院に行く勇気も心構えもまだないので薄毛について調べてみることにしました。